投稿日:

気温 朝:12.0℃ 昼:18.1℃ 夕:13.6℃

今日も昨日に引き続き南風が終日強く気温も上がり夏のような1日でした。このところの暑さもありレンゲツツジも山頂目掛けてどんどん花を咲かせています。繰り返しになりますが今年のレンゲツツジは質・量ともに最高の出来栄えです。あと1週間ぐらいでしょうか。いずれ過ぎ去る「最高の今」を楽しみたいと思います。南風ということもあり雲が多い日が続きますが、今日は久々に山並みが顔をみせてくれました。あとは写真には撮れませんでしたが強風ならではのダイナミックな雲の動きも楽しむことができました。この高さを雲が通り過ぎるのも「夏の良さ」でもあるんですよ。薗田

 

焼山とレンゲツツジ

 

レンゲツツジは麓の松本では「鬼ツツジ」と呼ばれています。花に毒があるのと鮮血ような赤色であることがその由来のようです

 

今朝のご来光は見れませんでしたが時折のぞく景色に目を奪われるのが楽しい朝でした

 

 

多めに青空が広がったお昼ごろ。八ヶ岳も久しぶりにお顔をみせてくれました。

 

強風の時は色々な雲が空に現れて、なんだか不規則でアンバランスな空になります

 

ダケカンバの新緑も揃い、いよいよ美ヶ原も夏の到来です。白馬方面の山々も久しぶりな気がします

 

油断していたらあっと言う間に雲に包まれてしまい、夕日は見れませんでした

投稿日:

今日は、強風の美ヶ原です。
気温 ~ 朝 : 14.0℃  昼 : 16.7℃  夕 : 15.9℃

このところ草原を渡る風が心地よく、風速のことはあまり気にかけていませんでしたら今日は足元がくるう程の強風です。
天気予報では雲間からの日差しもありそうでしたが、結局今朝も日の出を見ることは出来ませんでした。

今朝のレンゲツツジ鑑賞ツアーに出られた方からの情報では、「 王ヶ頭から少し下ると風がピタッと止みます。」とのこと。
夏になるとよく見られる光景ですが、松本市内から上がってくる道中は晴れているのに、王ヶ頭の山頂だけは雲の帽子をかぶった状態。
そんな時の王ヶ頭は一面が真っ白。
時には今日のように風が強く吹いていることもあります。

 

雲間から脱出したのは11時を過ぎてから。
空を尋常ではないスピードで雲が流れてゆきます。

 

雲の表情もバラバラでまとまりがありません。
仕事の合間に展望テラスで撮影していましたが、風に体ごと持って行かれそうでした。

 

曇りと晴れの境界線。

 

午後になっても風が治まることはありませんでした。
雲の隙間から少しだけ青空も垣間見ることが出来ますが、雲の勢力の方が強いまま一日が過ぎてゆきました。

 

モノクロの写真ばかりになりましたので、昨年の今頃に撮った写真を掲載いたします。

 

~ 昨年の今頃への旅 ~

 

2021.06.26 4:39AM 高原の向こうから広がってくる雲海。

 

2021.06.26 4:58AM 雲に浮かぶ美ヶ原台。

 

2021.06.22 4:41AM 空に翼を広げた鳥のような雲。

 

~ 宿泊部 関川 ~

 

 

投稿日:

先日まで季節は初夏かなと思っていましたが、もうすっかり夏ですね。
気温 ~ 朝 : 13.8℃  昼 : 17.3℃  夕 : 16.7℃

終日気温が2桁台になり、冷たい雨でも降らなければ寒く感じない陽気となりました。
先日まで季節は初夏だなと思っていましたが、もうすっかり夏ですね。
朝の気温が2桁になった時が、美ヶ原の季節の変わり目だったのかもしれません。

今日の美ヶ原は、朝のうち雲が多く未明は小雨も降っていました。
今朝は残念ながら日の出はなし。

 

本格的に天候が回復し始めたのはお昼前のことです。
この写真は11:26頃撮影したものです。

 

千切れた雲間からスポットライトのように陽光が射しこみます。
空を移動する雲と、大地を移動してゆく雲の影。
見晴らしのいい美ヶ原では、そんな光景がとてもダイナミックに感じられます。

 

美ヶ原ではレンゲツツジが満開間近です。
連日運行している朝のレンゲツツジ鑑賞ツアーのバスも好評です。
連泊のお客様で健脚な方は、思い出の丘や武石峰にお送りして散策して戻られる方も多くなりました。

 

ホテル南側の谷にもレンゲツツジの花が咲き、オレンジ色のアクセントが入りました。

 

滝雲が下る斜面の上のにもオレンジ色のアクセント。雲の影が織りなす模様が魅力的です。

 

午後は再び雲が多くなってきました。
気温は高く、風もあり心地よい午後です。
今日も夕立の心配はなさそうですが、お出かけになるお客様には、念のためレインウエアをザックに入れて行かれるようアドバイスいたしました。

 

~ 梅雨時の寸景 ~

 

霧とダケカンバ。
白い幹と白い風景のモノトーンに若葉が映えます。

 

苔むした切り株の上のモノグラム。
マイヅルソウが不規則な向きに並んでいると文字のように見えてオシャレです。

 

せっかくですから、何か作ってみましょう ! !

 

UTです。この場合は Utsukushigahara T-shirt の略ですが。( ^^) _
( 販売はしておりませんので、お問い合わせはご遠慮ください )

 

~宿泊部 関川~

投稿日:

気温 朝:12.3℃ 昼:16.3℃ 夜:13.3℃

台上のレンゲツツジが見頃です。満開までにはまだ数日かかりそうですが、蕾も含めた全体の

色合いが今、鮮やかです。一つ一つの株が目一杯花を付けて数年ぶりの見事な群生となりました。

思い出の丘から保護センターまでの遊歩道は正にお花畑の中を歩くコースとなっています。

小さな花々も道沿いにどんどん咲き出しました。

2時間程のハイキングコース、これからの花の季節にお薦めです。

 

 

 

日の出の頃、牧場の中を雲がゆっくり流れています。

ハロ(日暈)が鮮やかに出ました。

投稿日:

夜明け前に曇が晴れると、日中は夏空が広がりました。
気温が高く、美ヶ原にしては蒸し暑い一日でした。

気温~朝:11.8℃ 昼:18.5℃ 夕:17.0℃

明方までは空一面に雲が流れ、時折雲間から明るい星が見られる程度でした。
ところが、日の出を楽しみにされるお客様が次々に起きてこられる4時頃になると周囲の雲が晴れ、高原も見えてきました。

その後空が晴れると一日中晴天が続き、気温が高くなりました。
梅雨の時期だからでしょうか、今日は湿度が高く、高原を渡る風も温かい湿った風です。

夕方積乱雲が発生いたしましたが、今日も夕立ちはなし。
いよいよ初夏から夏に移り変わります。
どんなにお天気が良くても16時以降は急な夕立がありますので、皆さん雨具の用意をお忘れなく。

周囲に高い木立のない美ヶ原では、夕立の時に傘をさすと落雷の的になりますので、レインウエアをおすすめします。

 

~ サムネールのための今日の1枚 ~

 

午前4時頃、周囲の雲が晴れると高原の向こうに渦巻のような形の雲が。
この雲はこの後どう変わってゆくのでしょうか。

 

~ 夜明け前の美ヶ原 ~

昨日と比べても星空の期待が薄そうな天気予報でしたが、惑星がこれだけ集まっているのであれば、早起きしたひとだけでも望遠鏡で見て頂きたい ! !
今朝も頑張って2:30からテラスで星空観察をしておりました。

 

午前2時30分 今朝も月あかりを利用して風景写真を撮りました。
山並みの向こうに雲海が盛り上がり、空には次々と雲が流れてゆきます。

 

午前2時40分 こちらはホテル正面東側、高原と空。
月明かりのある日に雲が流れるととても素敵な写真が撮れます。中央の明るい星は木星です。

 

午前2時50分 カメラを天頂に向けると、ホテルの上空には夏の大三角形が輝いていました。
さすが天の川方面です。雲間には2等星クラスの星たちもいくつか写っていました。

 

~ 美しい朝焼けと今朝の日の出 ~

冒頭の写真を撮影した後、今朝も天狗の路地に移動致しました。
朝露に濡れる植物などを撮影して待っていると、渦巻き雲が朝焼けに染まり始めました。

 

午前4時33分 今朝の日の出。
同じところで同じ方向を眺めていても、昨日とは全く違う空。美しい日の出。

 

茜色に染まる雲。自然が生み出す芸術ですね。

 

手前の草原を入れて。( 少し暗めの写真ですので、スマホなどの画面では手前が見えないかもしれませんね )

 

渦巻き雲七変化。これが今朝の最終形態です。すごいです。

 

草原の草露。朝日を浴びてキラキラ輝きます。とてもきれいです。

 

こちらはちょっとシックな感じ。
ホテルに戻って高原を見ると、南の谷から次々に雲が吹きあがり高原を移動してゆきます。
その時感じたままのイメージで撮影してみました。

 

今朝は間違いなく梅雨時の当たり日でした。

 

~ 宿泊部 関川 ~

 

 

 

 

投稿日:

美しい朝日から始まる暖かい一日。午後には虹も見られました。
気温 ~ 朝 : 10.6℃  昼 : 19.1℃  夕 : 15.1℃

今朝は暖かい朝を迎えました。
早朝の最低気温が二桁になり、今年になって初めて日の出を待っていても暖かいと感じました。

日中の最高気温も20℃近くなり歩いていると少し汗ばむ陽気。

15時頃には周囲の空に大きな積乱雲が発生し、天高く伸び、これは激しい夕立になるに違いないと ! 思うのもつかの間雨が降り始めました。
しかし、恐れていたような激しい降り方ではなく、プールの後の心地良いシャワー程度。
そして、この雨は軌跡をもたらし、ホテル東側にはくっきりと大きな虹が架かるのでした。

( 虹の架かった時間には、ちょうどお客様を案内しておりましたので写真がございません。ホテルのInstagramをご覧下さい )

 

~ 夜明け前の美ヶ原 ~

久し振りに雲が晴れた朝でした。
午前2時30分、昨夜は曇っていて星空が見られなかったのですが、今朝は見ることが出来ました。

天気予報では曇りであったためか、起きてくるお客様はほとんどなく、テラスで星空を独り占め。
天の川は天頂をやや西に傾き、東の空には秋の星座が見やすくなりました。

月明かりが明るかったものの、ドブソニアン望遠鏡ではアンドロメダ銀河を捉えました。

 

2:53AM 月明かりに浮かぶ南側の山々。お月様の右上は土星です。

 

100年に一度クラスの惑星集結。今、明け方の空には太陽系の全惑星が勢揃いしています。
天王星、海王星は高精度な望遠鏡がないと見られないですが、この写真に写っている他にも日の出前に水星が見られます。

 

~ 夏至目前、一年で一番早い日の出 ~

天狗の露地から眺める山々

 

日の出の位置が最も北寄りになり、ホテルから眺めてもすっかり浅間山を通り越しました。

 

今朝の日の出は4:32AM。上空に朝焼け雲がひとひら。

 

静かな高原に登る朝日。今朝は天狗の露地からの撮影です。

 

足元の草原は朝露に濡れ、草花も瑞々しく。

 

天狗の露地からの撮影ではお楽しみのアングル。日によっては牛さん達が寝ていたりします。

 

こちらはホテルの東側。遠くに休んでいる牛さん達。
朝日を浴びて、暖かくなったら動き出します。のどかですね。

 

~ 宿泊部 関川 ~

 

 

 

投稿日:

高曇りの空。高原に響き渡るホルンの音色。
気温 ~ 朝 : 10.4℃  昼 : 14.6℃  夕 : 13.1℃

昨日より雲の多い一日になりました。
残念ながら青空は一日中見られませんでしたが、曇りとはいえ空は明るく、高原を渡る風はさわやかです。
今日も沢山のお客様が歩いてお見えになりました。

時折雲間から太陽の姿も見られました。

 

週末らしく、ホテルの周りも日帰りのお客様でにぎわっています。
今日は売店・食堂も常にお客様がいらっしゃり大忙しです。

 

~ 高原に響くアルプホルンの音色 ~

 

今日は安曇野アルプホルンクラブの皆さんがお越しくださいました。
写真は夕方の演奏に向けて練習中の様子。

本番ではホテルをバックに撮影できないのでこのアングルでお願いして撮らせていただきました。

 

アルプホルンには管楽器のように音程を調節する装置がありません。
4つのパートに分かれて演奏される音が、一つになると見事なハーモニーになって響き渡ります。

 

こちらはウェルカムドリンクタイムの演奏本番。皆さんおそろいの衣装でかっこよくきまっています。

ご宿泊のお客様はお飲み物を片手に、30分ほどのミニコンサートを楽しまれました。

アルプホルンのルーツはスイスの山地にあり、もともとは牧童の道具として使われていたそうです。
牧童達はアルプホルンを吹いて牛たちを集めたり、移動させたりしていたのですね。

 

牛が放牧されている美ヶ原高原で演奏するのは、まさにぴったりのシチュエーション。
放牧されている牛さんたちにも、ホルンの太く温かみのある柔らかい音色が届いたことでしょう。

スタッフもお客様も、きっと牛さん達も癒されました。
安曇野アルプホルンクラブの皆さん、ありがとうございました。

 

~ 宿泊部 関川 ~

 

 

 

 

投稿日:

雲が多いですが、風がさわやかな過ごしやすい一日でした。
気温 ~ 朝 : 11.8℃ ( 9:30 ) 昼 : 13.4℃  夕 : 12.8℃

今朝は雲が多く6時ころまでは一面真っ白で何も見えませんでした。( 気温をチェックするのを忘れてしまいました )
6時半ころになるとホテル周辺の雲が晴れはじめ、少しずつ高原の姿も見えるようになりました。

 

 

雲間からの日差しが届くと、そこだけ高原の緑が色鮮やかに輝きます。

 

目にも鮮やかなグリーン。

 

 

雲が連なる大地の水平線。

 

午後になるにつれ、雲間から青空がのぞくようになりました。
雲は多めでしたが高原を渡る風が気持ちよく、散策時にかいた汗をそのまま持ち去ってくれます。

散策には気持ちの良い一日でした。

 

 

~ レンゲツツジ鑑賞ツアーが始まります ~

 

美ヶ原高原のレンゲツツジも開花し始めました。
この時期のバスで行く朝ツアーはいつもの王ヶ鼻から変更して、武石峰などその時レンゲツツジが沢山咲いているところへご案内いたします。
写真は昨年のレンゲツツジ鑑賞ツアーのものです。

 

 

~ 6月後半の星空情報 ~

 

 

夜明け前の南東から東の空には惑星が勢ぞろい。
毎日でも観察したいのですが、この時期のお天気は難しいですね。

 

~ 宿泊部 関川 ~

 

 

 

 

 

投稿日:

雲海が広がる朝、そして、雲海に飲み込まれる午後
気温 ~ 朝 : 7.3℃  昼 : 8.5℃  夕 : 7.2℃

お天気が次第に下り坂の今日。
今朝も星空や日の出が望めそうもない天気予報で、4時前に日の出カフェに起きてこられたお客様は誰もいらっしゃいませんでした。

私も無理せずゆっくりしていたのですが、朝カフェ担当の石井さんによれば、
「夜明け前より薄く雲がかかっていましたが、3時過ぎは明るい星と夜景も見えており、4時前の30分間は浅間山方面の朝焼けもきれいでした。」
とのことでした。

 

「4時頃より一旦雲の中へ入りましたが、雲が紫に近いピンク色に染まったり、ところどころ青空も見え、4:30頃に全体が抜けて雲海と青空が出てきました。同時に20分間ほど、南東方面に滝雲が見えています。八ヶ岳と南アルプスの稜線も見えてとてもいい景色でした。」

 

「雲海や滝雲を見られた方は多くいらっしゃると思います。太陽は雲の上から4:50頃見えました。」

 

~ 今朝の雲海と滝雲 ~

 

押し寄せる雲海。

 

写真は6時頃、ホテル前のテラスより撮影。

 

油絵のパレットの中のような雲間の太陽

 

同じ時、こちらは南側の斜面。台上を進んできた雲が滝のように流れ下ります。

 

流れる雲の雰囲気を感じていただけるでしょうか。

 

 

~ お散歩しながら天狗の路地を下る ~

 

しっとりとした空気が気持ちいいので散歩に出かけてみました。
天狗の路地の山頂側入口。ひょっとしたら牛さんたちが来ているかと期待したのですが、“ USHIとの遭遇 ” はお預けです。

 

 

足元には草花が朝露に濡れていて綺麗です。
写真は今満開のシロバナノヘビイチゴ。

 

天狗の路地のレンゲツツジ。もうすぐ咲きそうです。

 

たくさんの小鳥がさえずっています。
こちらの写真はウグイスさんです。

 

ちょうどこの頃、宿泊されているお客様は朝ツアーにお出かけ。
今朝は王ヶ鼻の見通しが悪そうでしたので、行き先を武石峰に変更して咲き始めたレンゲツツジを見にゆきました。

午後になると雲の中に包まれている時間が長くなりました。
時折雲が抜けると、近くの山々が現れ水墨画のような景色が広がります。

ホテルは明日と明後日が休館日です。
休館明けには朝のレンゲツツジ鑑賞ツアーが始められるかもしれません。

 

~ 宿泊部 関川 ~

 

投稿日:

朝は風が冷たく寒かったですが、日中は心地良く感じる晴天の一日。
気温 ~ 朝 : 4.3℃  昼 : 12.5℃  夕 : 10.5℃

いきなりサムネールの写真からです。

6時半頃。青空をバックに王ヶ頭ホテル

 

今朝の天気予報はどのサイト見ても曇りマーク。
いつも当てにしているSCWのサイトを見ても、日の出の見込みはありませんでした。

ところが、皆さんの願いが叶ったのでしょうか、折からの強い風が雲を吹き払ってくれたのでしょうか、
久し振りに朝焼けと日の出を見ることが出来ました。

 

※写真は朝カフェ、担当の有馬さんの撮影。
最低気温4.3℃で風が強いと半端なく寒い朝でしたが、皆さん喜んでいらしゃいました。

 

気温が上がった日中はその風も心地良く感じます。
次第に風も弱まり、暑くもなく最高の散策日和です。
お帰りになるお客様も、ご到着のお客様も沢山の方が高原を歩いていらっしゃいました。

 

6:28AM 空に広がる雲が美しい。

 

同じ時、もうすぐ夏至を迎える太陽がぐんぐん高度を上げます。
皆さん ! 紫外線も最強ですから気をつけて下さいね。

 

~ 周囲の山々 ~

 

6:32AM 広がる雲海の上に顔を出す浅間山。

 

10:56AM 富士山がくっきり見えてきました。

 

11:05AM 北西方向、北アルプス~白馬方面。
雲がきれいでしたので広く入れたら山が分からなくなってしまいました。

 

今日の雲は空いっぱいに広がるすじ雲でした。
どことなく空との境界があいまいで、まるで空に溶けてゆくような雲でした。

 

~ 宿泊部 関川 ~