投稿日:

気温 朝:7.5℃ 昼:9.℃℃ 夜:6.7℃

曇り後晴れ、午後になって急速に青空が広がりました。

風が冷たくレンゲツツジの蕾も開くのをためらっているようです。

開花している株はまだまだ少なく、今後の気温によりますが今週末辺りから

見頃を迎えるかもしれません。

コナシの花も開き方がバラバラです。気温の変化が激しいせいでしょうか。

 

投稿日:

明るい雲の中で過ごす朝~午後は高原が見え隠れする空模様。
気温 ~ 朝 : 8.6℃  昼 : 11.℃  夕 : 9.9℃

今日は昨日と同じようなお天気のパターンが繰り替えされました。

今朝も美ヶ原はまっ白な雲の中。残念ながら日の出は見られませんでした。
気温は昨日より少し高めの8.6℃。外にいても寒くは感じません。

日の出カフェのお客様も出足はゆっくり。
日の出は見られなくとも、こちらでいただくモーニングコーヒーは最高です。

 

しっとり雲の中のカフェ。
外で飲むコーヒーは格別ですが、椅子に座るとお尻が濡れてしまう雲の中。

 

高原が見え始めたのは7:30を過ぎた頃。
今日も緑が瑞々しい風景が広がりました。

 

7:44AM 雲間から抜け出した高原の風景。

 

同じ時、こちらは南側の斜面です。
下の方から水蒸気のように雲が吹き上がってきます。

 

7:45AM 太陽が顔を出しました。

 

午前中は雲に包まれてしまう瞬間もありましたが、雲の中は明るくお日様に包まれているような気分です。

午後になると雲が厚くなり、高原の景色も見えたり隠れたりの繰り返し。
ひとつ良かったのは雨が降らなかったこと。
過ごしやすい気温で、沢山のお客様歩いてご到着になりました。

今夜は強い雨の予報です。
明日皆さんが起き出す頃までに止んでくれると良いのですが。
晴れる瞬間は、きっと素晴らしい景色がご覧になれることでしょう。

 

 


 

 

~ 昨年の今頃への旅 ~

 

雨の多い6月ですが、この時期にしか出会えない瞬間がきっとあるはず。
雨上がりのしっとりとした空気は気持ち良く、塵一つない大気はまるで空気がないかのようにクリアです。

そんな貴重な晴れ間に写した昨年の写真です。

 

2022.06.10 4:39AM 霧の晴れた大地の向こうに朝日が昇る。
空に一筋、ひこうき雲。

 

2022.06.11 2:33AM 北天の星空。
この時期の夜明けは早いので、朝の星撮りも夜半に起きるのが必須。

 

2022.06.11 4:41AM 八ヶ岳と南アルプスを両翼に広げ、遠くに富士山。
上空にきれいな雲が広がりました。
この写真は一つ上の星空を撮影した続きの朝です。

 

~ 宿泊部 関川 ~

投稿日:

10時ころ雲の中から抜け出すと、瑞々しい空気に満たされました。
気温~朝:7.3℃ 昼:11.5℃ 夕:10.5℃

昨夜から雲の中に包まれた美ヶ原は今朝も引き続き真っ白な世界。
気温は7.3℃。今朝は日の出カフェもお客様が少なく、静かな朝を迎えました。

雲が切れたのは皆さんがチェックアウトされる10時前。
当初はバスでお帰りになる予定だったお客差も、広がる風景に心動かされ、何組様かが徒歩で帰ることに変更されました。

 

午前10時前 雲が晴れダイナミックな風景が広がりました。

 

お昼前頃 ホテル南側の谷を雲の影が進んでゆきます。
雲間から差し込む日差しはハイライトのように森を照らし出し、鮮やかな新緑がまぶしく映ります。

 

~ 今朝はモノクローム ~

お天気が回復するか半信半疑な今朝の美ヶ原。
このまま曇ったままだったら今日のブロブに載せる写真がない !
ということで、気まぐれに写したモノクローム。

 

Nobody’s Seat 誰もいない席の風景

 

Rainy Café レイニー・カフェ

 

Foggy Sunshine

 

一度晴れた空は午後までしばらく続きました。
水分をたっぷり含んだ空気はとても瑞々しく、マスクを外して深呼吸するとこの上なく気持ちいい。

穏やかな日差しが映し出す高原の風景は瑞々しく、穏やかなコントラストで、まさしく目に優しい風景。

そんな天気も15時ころには時折雨が降るようになり、17時ころには再び真っ白な雲に包まれてしまいました。
明日の天気はどうなるでしょう。明けてみるまで分かりません。

 


 

 

~ 昨年の今頃への旅 ~

 

雨の多い6月ですが、捨てたものではありません。
雨上がりの新緑の瑞々しさ、広がる雲海。洗われた空気のクリアな空。
この時期にしか見られない自然の姿に出会えるかもしれません。

 

2021.06.08 袴越、満開のツツジ。

 

2021.06.07 18:46 夕暮れ

 

2021.06.07 18:51 サンセット

 

 

~ 宿泊部 関川 ~

投稿日:

気温 朝:5.7℃ 昼:10.7℃ 夕:9.4℃

なんとか願って起きた朝でしたがダメでした。夜明け前から9時頃まではずっと雲の中。今日はホテルでお世話になっているお店の方もお泊りに来ていたので、なんとか美ヶ原山頂で迎える最高の朝を感じて頂きたかったのですが思いは叶わず(>_<) 仕方ない事とはわかっているのですが改めてお客様の残念な気持ちを身をもって実感しました。今後もお客様とまた一喜一憂しながら一緒に期待しながらホテルで過ごしたいなと思います。天候は昨日と似ていて昼からは青空も出ましたが比較的雲が多く遠くの山々は見れませんでした。それでも高原には心地よい風が吹き沢山のお客様が気持ちよさそうに散策を楽しんでいました。でもやっぱり本音は、来て頂いた皆さんに最高の景色そ見せたいです 薗田

 

昼過ぎの美ヶ原上空

 

雲がだんだん夏雲になってきましたね

 

日の出カフェで雲がとれる瞬間を待つお客様 なんにも見えませんでしたがとてもいい時間でした

 

高原の上を雲が行ったり来たり

 

八ヶ岳だけでも見たいですね

 

王ヶ頭山頂 今日は日帰りトレッキングの方も沢山来られてました

 

夕方にはひょうが降りました  そのまま夜です

 

 

 

おまけ

さて、ホテルの壁にブランドプリントが新しく飾られました なかなかいい感じです

 

since1951 創業して71年経ちました

 

せっかくなので創業当時の写真です

昭和28年 王ヶ頭ヒュッテ

 

2022年 王ヶ頭ホテル

 

王ヶ頭ホテルは「誰もが憧れる山岳ホテル」を目指してこれからも前向きに頑張ります

 

 

 

投稿日:

気温 朝:5.3℃ 昼:10.5℃ 夕:7.4℃

昨日から空にある雲は今朝もなかなかとれませんでしたが、お昼過ぎてからは青空が垣間みえる感じで雰囲気が良くなりました。真っ白の濃い夏雲の間からたまに見える青空はより青く見えます。雲が通った後の大地の色は気づいたらけっこう濃い緑色になっていました。これから夏に向けて、真っ白の雲、緑色の大地、真っ青の空、この3色のコントラストが魅力です。それぞれの比率に黄金比はなく、どの割合でも素敵な景色を演出してくれます。 薗田

 

お昼に雲がとれました。白と青と緑  とてもさわやかな空気

 

客室からの景色 遠くは見えないけど天空のホテル感があります

 

青が少ないとより鮮やかな青に見えます

 

王ヶ頭ホテルは空の中にあります 夏は雲海でなくても雲が低く2000m感が出ます

 

ちなみに雲の中だとこんな感じ  視界10mぐらいでしょうか これだと流石に元気でません

 

雲の濃さによっては幻想的な景色も

 

また雲が取れた! すぐ玄関前のテラスに出ます

 

青空がもう少し増えた! ホテルもここ5年で立派になりました

 

高原に雲の波が押し寄せる

 

青空の隙間からお月様が見えました 上弦の月ですね

 

このあとまた雨になり夜になりました  あしたの朝はなんとか晴れないかな。

明日は日の出カフェ担当です やっぱりお客様の笑顔が見たいですね

 

投稿日:

気温 朝:6.3℃ 昼:10.5℃ 夜:8.3℃

雨のち晴れ、新緑が鮮やかです。

台上のレンゲツツジが開きそうです。

殆どの蕾が赤く膨らみ早い株は開花しているものもあります。

気温が高くなれば一気に開花するかもしれません。

今年は一株一株に付いている花芽が多いので見事な群生が見られると思います。

楽しみにお出かけ下さい。

レンゲツツジの蕾。今にも開きそうです。

雨に洗われ若葉が鮮やかです

山々の間に諏訪湖が見えます

コナシの赤い蕾

開くとまっ白な花弁となります。

投稿日:

空は明るいですが、一日ずっと雨降りでした。
気温 ~ 朝 : 6.0℃  昼 : 7.0℃  夕 : 5.3℃

本日気象庁から発表があり、昨年より8日早く関東甲信越地方が梅雨入りいたしました。
今日はまさに梅雨らしい1日。
朝からずっと雨が降り続いています。

雨降りのわりには空が明るく、ひょっとしたら晴れてくるかもと期待を持たせる空模様。
しかしながら風が強く、横から吹き付けてきますので歩くのは困難でした。

 

雨ですね。今日、美ヶ原も梅雨入りいたしました。

 

日の出カフェの窓越しに見る雨模様。

 

おや !  よく見ると、

 

木霊が遊びに来ていました。

 

トトロの横にもいました。そんな季節です。

 

窓にはたくさん雨粒がついています。

 

こちらは冷や汗です。

 

 


 

 

今日は風景写真がありませんので、昨年の今頃を振り返ってみましょう。

 

~ 昨年の今頃への時間旅行 ~

 

2021.05.31 3:24AM  月明かりの美ヶ原、遠くに八ヶ岳。

 

2021.06.03 4:33AM 雲海が広がる。

 

2021.06.03 4:37AM 雲海の向こうに太陽が昇る。

 

同日、同時刻 美しい朝日。

 

6月は雨が多いですが、あきらめたものではありません。
梅雨の晴れ間の新緑の瑞々しさや、雨上がりの雲海。
洗われた空気のクリアな空、星空。
この時期にしか見られない自然の姿に出会えるかもしれません。

 

~ 宿泊部 関川 ~

投稿日:

スッポリ雲の中の夜明けから青空が広がる。そして久し振りの夕立。
気温~朝:6.2℃ 昼:13.6℃ 夕:1.5℃

昨夜は皆さんが夕食をとっている頃にISS国際宇宙ステーションがお月様の横を通過してゆきました。
その月も星空観察会が行われる21時頃にはすっかりホテルの西側に隠れ、おかげさまで満天の星空を望むことができました。

今朝まで晴天がもってくれれば良かったのですが、今朝は明け方よりまっ白な雲の中。
時折雲が流れ、高原が見えたり隠れたりしたものの日の出は見ることが出来ませんでした。

 

本格的に雲から抜けたのは7時30分ころ。
こんなときの空と雲の移り変わりはとてもドラマチックです。

 

7:37AM ホテル前の高原の様子。

 

アルプス展望コースを歩くのが気持ちの良い季節です。

 

雪の多かった昨年の冬。
冬の間に初めて王ヶ頭ホテルに宿泊された方は、ホテル玄関周辺に花壇があるのをご存じないかもしれません。
(すっぽり雪の中でしたから)

この花壇はその季節がくれば次々にきれいなお花が咲きます。
今日は初めてアツモリソウが開花いたしました。

 

 

 

その傍らには、先日開花したイカリソウもあります。

 

 

これから次々に咲く花たちが、皆様の到着をお出迎えしてくれるでしょう。

 

 

~ 輝くみどり ~

 

若葉

 

 

すっかり花の時期を終えたミネザクラ

 

コミヤマカタバミ、お目覚め前。

 

タガソデソウ~白く、小さな、香気のあるお花です。

「 色よりも香こそあはれと思ほゆれ 誰が袖ふれし宿の梅ぞも 」( 古今和歌集 )
梅ではないですが、タガソデソウの名前はこの句の中の誰が袖 ( たがそで ) に由来しているそうです。

 

~ 宿泊部 関川 ~

 

 

投稿日:

早朝の寒風は、午後の涼風。爽やかな高原の一日でした。
気温 ~ 朝 : 4.0℃  昼 : 12.9℃  夕 : 10.8℃

 

雲が多めの予報でしたが、早起きするとホテル南側に雲海が発生しておりました。
午前3時前の空。上空は薄い雲がかかり天の川ははっきり見えません。しかしながら七夕の星達や一等星は見ることが出来ました。
気温は4℃。風が強く一月前に戻ったかのような寒さに一度部屋に戻り支度し直したほどです。

日中はお天気が良く気温もしっかり上がりました。
季節は初夏です。朝の寒風も気温が上がれば心地良く感じ、高原を渡る風は散策されるお客様には快適なことこの上なし。
土曜日ということもあり普段より沢山のお客様が、バスを使わず歩いて到着されました。

 

 

明日の夕方からお天気は下り坂の予報。
皆さんお天気のいいうちに高原の初夏を満喫しましょう。

 

 

~ 今朝の美ヶ原 ~

 

4:34AM 明るくなってゆく東の空。
上空には薄い雲が筋状に広がり、その上に木星と金星が明るく輝いていました。

写真には写っていませんが、土星と火星も肉眼で確認出来ます。
今朝も少しだけドブソニアン望遠鏡で星空観察を致しました。

 

明るくなってくると、周囲の山々にも雲海が広がっているのが分かりました。
展望テラスから天狗の露地へ移動して雲海を撮影しました。

 

4:05AM 広がる雲海の下に佐久方面の街灯り。

 

雲海を撮影していると、東の空の朝焼けが空いっぱいに広がり始めました。
再び展望テラスに戻って撮影です。

 

4:18AM 朝焼けの空と美ヶ原高原。

 

4:19AM 雲海に浮かぶ、朝焼けの浅間山。

 

4:20AM 朝焼けピンクの空と富士山。

 

4:26AM たおやかな平原の山並みと、朝焼け雲。

 

やがて日が昇ります。

 

4:34AM 雲海と浅間山、今日の日の出。
山頂の真上からの日の出よりも今ぐらいの方がバランスが良いのではと、ふと思いました。

 

お客様皆さん大喜びで日の出を楽しんだ後、ホテル南側の雲海が上昇しあっという間に辺りはまっ白になってしまいました。
その後再び雲から抜けたのが冒頭のサムネイルに使用した写真。

 

 

 

7:35AM 遠くに雲が湧く美ヶ原高原。

 

~ 宿泊部 関川 ~

投稿日:

気温 朝:.7.3℃ 昼:12.5℃ 夕:9.1℃

今朝は朝から3000m以下の空に雲が分厚く、中々とれないままお昼になってしまいました。天気予報は不安定ながらもお昼過ぎからは徐々に晴れてきて心地よい美ヶ原台上を取り戻し、今日お泊りのお客様は皆ホテルから出て2000mの散策を楽しんでおられました。 今日は「コレ」といった派手な絶景はこの夕方の時間まではありませんでしたが、十分に満足できる環境が美ヶ原にはありました。このブログを担当するようになってどうしても「美ヶ原の素晴らしい景色を見せたい」と格好つけたくなってしまう自分がいるのですが、実際は美ヶ原は元々持っている「素」の部分の良さで十分素敵な場所であって、来られたお客さまは派手な絶景がなくても十分満足して楽しんでいる光景があります。そんなことを思う今日でした。自然は色々教えてくれます。 薗田

 

絶景写真がないなって思っていたら脇田さんが袴腰のレンゲツツジの写真を撮ってきてくれました(^^) もう咲き始めたようです。

 

午後には雲がとれました。これといって特徴のない写真です。でも最高の場所。

 

美ヶ原の景観は派手さはなくても最高の場所

 

最高の写真はあきらめて、今日は当館が創業当時からお客様に出してる笹茶の写真 笑

 

麦茶を薄く入れたベースに美ヶ原の信濃笹をたっぷり天日干しして、たっぷり入れただけ

 

24時間弱火で火を入れ続けます。 笹の香りはすぐ飛んでしまうので何回もつぎ足します

 

結構人気あります 散策の際や寝る前。星空観察とも相性がいいです

 

これを見て王ヶ頭ホテル泊まりに来たくなった方もいるかもしれません 笑

 

 

おまけの写真 今日の写真ではありませんが

 

お客様がお帰りの際は、是非また美ヶ原に帰ってきて欲しいといつも思いながら見送ります

 

この素敵な場所にいつでも皆様が帰って来ることが出来るように、これからも頑張ります